Oculus Goのスペック(解像度・トラッキング性能)まとめ!コスパ最強!

スポンサ-リンク

 

スタンドアロン型・オールインワン型・一体型・完結型など呼ばれる

(※)高性能VRデバイス「Oculus Go」

 

今回の記事では、

「Quest」販売後も未だ根強い人気を誇るOculus Goの、

その性能を詳しく紹介します。

 

※セットアップ時にはスマートフォンが必要です。

 

スポンサ-リンク

Oculus Goのスペックまとめ

Oculus Goのスペックをまとめると、

この通り(*^^*)

モーショントラッキング 3DoF
(頭の動きのみを追跡)
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 821
ディスプレイ 5.5インチ液晶パネル
ディスプレイ視野角 不明
解像度 WQHD(2560×1440px)
画素密度538ppi
容量(ストレージ) 32GBと64GBの2種
外部ストレージ なし
(SDカードなど使用不可)
本体サイズ 190mm×105mm×115mm
実測では約190×130×100mm
重量 467.5g
オーディオ ヘッドセットにシングルマイクやスピーカーが内蔵
インターフェイス ・microUSB端子

・3.5mmのオーディオ用端子
(イヤホンやヘッドホンの使用が可能)
(Bluetoothヘッドフォンは未対応)

リフレッシュレート
(駆動速度)
60Hz・72Hz
(60Hz以上は高速駆動と呼ばれ、チラツキが減って目が疲れにくい・滑らかな動きが堪能できるというメリットがあります)
バッテリーの持ち ゲームプレイ時:約2時間
動画視聴時:約2時間30分
セット内容 Oculus Go本体
専用コントローラー1機
コントローラー用ストラップ
USBケーブル
眼鏡スペーサー
単三乾電池
クリーニングクロス
マニュアル
コントローラー詳細 タッチパッド
ボタンは3つ(トリガー・戻る・ホーム)
単3電池使用
手の動きでポインタ操作
充電時間 不明
通信機能 ワイヤレスLAN(IEEE802.11ac/a/b/g/n準拠)Bluetooth
対応プラットフォーム Oculus Store

 

比較対象がないとわかりにくいので、

Oculusの別の機種の

「Oculus Quest」「Oculus Rift S」と比較!

 

この3種類はどれを買うか迷うので、

比べてみます。

 

簡潔に言うと、

VR内を自由に移動できるか、できないかです!

機種 トラッキング機能 価格
Oculus Go 移動できない 32GB:23,800円
64GB:29,800円
Oculus Quest 移動できる 64GB:49,800円
128GB:62,800円
Oculus Rift S 移動できる PC接続型:¥49,800

※価格は公式サイトの表記

VR内を移動できるかできないかは、

『トラッキング機能』に依存します!

 

少々難しいので、

次の項目でご説明させてください(*^^*)

Oculus Goのトラッキング機能

トラッキング機能とは動きを追跡する機能で、

『3DoF』と『6DoF』の2つの性能があります!

 

トラッキング性能
  • 3DoF:頭の前後・左右と回転
  • 6DoF:3DoF+体の前後・左右・上下

 

2つの違いをイラストで見ると、

3DoF

 

出典:https://www.irasutoya.com/2018/05/vr3dof.html

6DoF

出典:https://www.irasutoya.com/2018/05/vr6dof.html

 

3D VS 6D という構図!

 

『Oculus Go』は『3DoF』なので、

頭の前後と左右と回転の動きだけということ。

 

では次に解像度を詳しく見ていきます!

Oculus Goの解像度

Oculus Goの画質についてみると、

画素数 2560×1440ピクセル
画素密度 538ppi
画面のサイズ 5.5インチ
パネルの種類 WQHD液晶パネル

 

Oculus Rift Sと比較すると、

実はOculus Goの方が解像度が高い事にびっくり!

 

  • Oculus Rift Sの解像度:2160×1200ピクセル
  • Oculus Goの解像度:2560×1440ピクセル

 

Oculus Rift Sは5万円するので、

画像の綺麗さなら、

Oculus Goの方がコスパ高いのは間違いなし!

 

完全なるゲームを楽しみたい!というのではなく、

5,000円程のスマホはめ込み式VRゴーグルよりも鮮明で、

VR動画を楽しむなら、

Oculus Goがおすすめです♪

 

 

スポンサ-リンク

コンテンツ(アプリ)はどんなものがある?

ここからは

「Oculus Goを買ったらひとまず無料のコンテンツで楽しんでみよう!」

をコンセプトにおすすめを紹介します!

 

Oculus Go内でアプリをダウンロードする手順は

こちらの記事をご参考にどうぞ(*^^*)

 

Epic Roller Coasters

Oculusストア⇒https://www.oculus.com/experiences/go/1644126292264565

 

本物のジェットコースターと同じ

“あのスリル”を体験できます!

あり得ない起伏をジェットコースターで乗り越えていくもの。
私がOculus Go購入を決心したきっかけとなったもので
乗ったまま眺めるだけだが、VRの没入感が体験できるし、
接待用としても最適(ただしかなり酔う)。

引用サイト

 

『Epic Roller Coastes』は他VRゴーグルでも楽しめます!

Epic Roller Coasters
Epic Roller Coasters
開発元:Lennon Romano Bisolo
無料
posted withアプリーチ

 

Face Your Fears

Oculusストア⇒https://www.oculus.com/experiences/go/1168200286607832

 

とにかく恐ろしいと評判のホラーVR!

無料体験できるのは3つのエリアなので、

まずはどれだけコワイのか試してみては!?

 

PICMO VR

PICMO VR⇒https://www.picmo.jp/

 

有料もありますが、

女性アイドル・男性アイドル・お笑い・動物など、

無料コンテンツがとにかく豊富!

 

上記3つとは違ってコンテンツが日本語表示なので、

わかりやすいという点もおススメです。

スポンサ-リンク

最高のコスパが自慢の「Oculus Go」

確かにOculus Goはハイスペックですが、

正直言って上位機種であるOculus Questには敵いません(´・ω・`)

 

ではなぜOculus Goの人気は未だに衰えないのでしょうか。

 

公式価格
32GB:23,800円
64GB:29,800円

 

Oculus Goは同じ価格帯のVRデバイスと比較すると、

VRの性能が高いことが理由として挙げられます。

 

Amazonにて同じくらいの価格帯の製品をチェックしてみましたが、

本体が重い・解像度が低い・スマホセット型だったなど、

あともうちょっとだけ改善してほしいなぁという点が目につきました。

 

これから本格的にVRを楽しみたいけど

 

Questでは値段が高すぎるし、

スマホセット型では物足りないし、

ハイスペックなパソコンは持ってないし、

 

そんな方にはうってつけです(*^^*)

 

スポンサ-リンク

まとめ

ほとんどの方は、VRのためにわざわざパソコンを買い直したり、

新しく購入するのはちょっと・・・。

 

潜在的な新規VRユーザーが大量に眠っているVRデバイス市場では、

Oculus Goはまだまだ需要が高いのです。

 

「もしかしたら、

もうちょっと待てばQuestと同じ値段で高機能なVRデバイスが販売されるかも…」

なんて考えている方にも、

Oculus Goはおススメ(*’▽’)

 

この機会にぜひVR体験してみませんか!?

スポンサ-リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください