攻殻機動隊 新劇場版【VR動画アニメ】を視聴&体験しよう!

スポンサ-リンク

 

「攻殻機動隊 新劇場版 VIRTUAL REALITY DIVER」が2019年3月より

DMM VR動画にて配信されています。

 

主人公・草薙素子が美麗なCGで蘇り、

原作世界に近いリアルな「電脳ハック」が体験できるようになりました。

 

そこで今回は【VR】攻殻機動隊 新劇場版 VIRTUAL REALITY DIVERについて詳しく紹介します。

 

スポンサ-リンク

作品概要

出典:https://area.autodesk.jp/event/webinar/virtual_reality_diver_2/

原作は士郎正宗氏、監督は東弘明氏が務め、

360度VRアニメとして登場しました。

 

出演者(声優) 草薙素子:坂本真綾
バトー:松田健一郎
ロジコマ:沢城みゆき
オリベオキカツ:竹内良太
ユリ:大原さやか
制作元 プロダクションI.G
配信先 DMM.com(DMM動画)
対応環境

パソコン+VRデバイス
iPhone+VRデバイス
Android+VRデバイス
Gear VR+VRデバイス
Oculus Go
PS4+PSCamera+PSVR

配信価格

480円(税込)

配信サイト:【VR】攻殻機動隊 新劇場版 VIRTUAL REALITY DIVER

 

公式PV

 

続編が話題に!

VRアニメの続編となる「攻殻機動隊 GHOST CHASER」が、

2019年「第76回ベネチア国際映画祭」VR部門コンペティションに正式招待されました。

DMM VRで配信される日が楽しみです(*”▽”)

スポンサ-リンク

あらすじ

舞台は、科学技術が急速な発展を遂げた2029年、日本。
 脳神経をあらゆる情報ネットワークに直接接続できる‘電脳化技術’や、
 義手・義足のように体の一部をアンドロイド化する‘義体化技術’が普及する世界で、
 日本政府に一通の爆破予告が届く。

 

 標的となったのは、クザン共和国の要人を招いて開催される国際会議。
その対応は、内務省直属の独立部隊「公安9課」、通称『攻殻機動隊』に一任された。

 

 公安9課の実質的リーダーであり、生まれながらにして、全身義体の草薙素子は、
9課のメンバーを率いてテロリストを排除すべく、潜伏先へと向かう…。

スポンサ-リンク

レビュー・口コミ

ストーリー立ては15分の中でよく世界観を表現していると思います。
映像は、CGのクオリティの高さははもちろん、アクションパートのカメラワークも臨場感にあふれており、作品として妥協点を感じさせない作りで、非常に満足度は高いです。

 

攻殻機動隊のスピンオフストーリーです。ちょっと説明不足の部分もありますが、映像と音楽のマッチングがすごく良いのでラストはちょっと感動します。
なおかつ哲学的な考えさせる部分もあり満足しました。

引用元

 

レビューを見てみると、

  • 元の映像は美しいのだろうが、画質がやや荒め
  • 値段を考えると画質を押さえているのは仕方がない
  • 値段的にみると、十分美麗
  • アクションが多めなので、VR酔いをするかも

 

…という感想にまとめることができます。

 

画質はまだまだ劣るものの、

アクションVRが好きな人にはおすすめ!

 

ちなみVR酔いしやすい方は、

ハイスペックHMD(ヘッドマウンドディスプレイ)の『Oculus Go』がおすすめ!

 

そしてDMM動画VRジャンルでは、堂々の月間ランキング1位

 

やはり480円という手ごろな値段、16分という短い収録時間を考えると、他のVR動画と比較してもコスパが高いので高評価なのでしょう。

一度は体験してみたいVRアニメとしてオススメできます。

 

「見てみたい気もするけど、VRゴーグルを買わないと見れないのか…」

 

と躊躇している方もいますよね!

確かに、本格的なVRデバイスは数万円と高額です。

 

ただ、無料で楽しめるコンテンツも多いので、

決して買って損はありません。

 

人気のOculus Questは、64GBでも49,800円とかなりの高額。

ですが、交通費を出してVRアミューズメント施設にまで足を運ぶことを考えると(場合によっては予約も必要!)、

自宅で好きな時に好きなだけ遊べるのはかなり魅力的だと思いませんか?

 

「それでも…」

 

と迷っているアナタには、スマホセット型のVRデバイスをおススメします!

スマホセット型なら、本格的な物でも2万円以下で買えますし、

簡易型のVRゴーグルなら100円均一ショップでも買えます(ダイソーでは500円で販売)。

 

 

スポンサ-リンク

視聴方法

「攻殻機動隊 新劇場版」は、AppStoreやGooglePlayから購入できます。

 

アプリストアからなら手軽に見られるような気がしますが、

個人的にはDMM動画から購入して視聴することをおススメします。

 

DMM動画なら色々なジャンルのVR動画を取り扱っているので

いつまでも飽きません(*^^*)

視聴デバイスはこちら!

必要機器

PC接続型ならパソコン
(Windows10のみサポート対象)

スマホセット型ならスマートフォン
(対応OS:iOS 9.1 以上 Android 4.4 以上)

デバイス

PC接続型
・Windows MR専用デバイス(※)
・Oculus Rift
・HTC Vive

スマホセット型
・Gear VR
・スマホセット型のVRゴーグル(※)

一体型(PC・スマホ不要)
・Oculus Go
・PlayStation VR

DMM動画の
お得なプラン
残念ながら見放題プランなどには含まれません。
動画の見方 DMM VR動画プレイヤーアプリをインストールして、購入したVRを見ることができます。

 

【VR】攻殻機動隊 新劇場版のおすすめ視聴方法は

  1. VRゴーグルの用意
  2. DMMに登録&DMMVR動画プレイヤーをインストール
  3. アプリで視聴画面にし、VRゴーグルにスマホをセット

 

おすすめゴーグルはこちら▼

Android向け

 

iPhone向け

 
スポンサ-リンク

攻殻機動隊のVR体験

お台場ダイバーシティ東京に設置されたライド型シアター「hexaRide」にて360度VR体験が可能。

 

「公安9課」のメンバーとなったあなたは、電脳空間にアクセス。

反政府軍と激しい戦闘を繰り広げます。

 

6方向可動装置の12人乗り座席が、VR映像と連動してダイナミックに動きます!

 

 

概要

体験時間 約7分
料金

大人(18歳以上)1,300円(税込)
中人(13歳以上18歳未満)1,000円(税込)
小人(7歳以上13歳未満)500円(税込)

2名以上の利用で10%OFF

営業時間 10:00~21:00
住所 東京都江東区青海1-1-10
ダイバーシティ東京プラザ

「hexaRide」公式サイト

 

スポンサ-リンク

まとめ

VR技術で再現された映像を見た時、「攻殻機動隊」の世界に、今の時代がようやく少しだけ追いついた…そんな気がしました。

 

当時では空想でしかなかった技術が、少しずつリアルになっていく。

フィクションからノンフィクションへ…

 

「攻殻機動隊」と酷似した未来の訪れを、私たちはほんの少しの緊張と、大きな期待をもって迎え入れる時期が来たのかもしれません。

スポンサ-リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください